運動脳のスイッチON![フィット・リブ]は“運動のやる気”に火をつけるエクササイズ動画配信サービスです。

  • HOME
  • カラダLibraryNEWS & Column
  • 自分らしく人生を楽しむ② カラダは大切ではない!?忘れてしまいがちな‟カラダメンテナンス“
動画を探す

カラダLibraryNEWS & Column

自分らしく人生を楽しむ② カラダは大切ではない!?忘れてしまいがちな‟カラダメンテナンス“

2015/11/04 カラダ・ディクショナリー

吉田・MAIKO_小

この記事を書いた講師

JIZAI体エクササイズインストラクター

Taku吉田(写真・左)

 

 

 

突然ですが、やっとの思いで手に入れたお気に入りの洋服、あなたはどうしますか?

 

何年も長く着られるように、丁寧に洗濯したりクリーニングに出したりしますよね♪洋服だけでなく、靴や楽器、趣味に使う道具など、私たちは大切なものは丁寧に手入れをして、長く使えるようにするものです。

 

では、自分のカラダはどうでしょうか?丁寧に手入れできていますか?

 

 

例えば腰痛をお持ちの方。いつから腰に痛みを感じるようになったか覚えていますか?外傷性のものでない場合、いつだったかはっきりと覚えていない方が多いと思います。腰痛の場合、最初はちょっとした違和感から始まり、それがだんだんと痛みに変わっていきます。

 

でもほとんどの方が、痛みを感じてから初めて病院や整骨院に駆け込むのです。

 

これって楽器に置き換えてみると、音が出なくなってからようやく修理に出すのと同じことなのです。

 

もし自分の大切な楽器だったらどうですか?

 

もっと細目に手入れをして、ちょっとした違和感でもメンテナンスに出しませんか?同じように大切なもののはずなのに、この違いはどこから生まれるのでしょうか。

人間のカラダは非常に複雑なもので、手入れと言っても楽器などとは違い、身体の部位や状態などによって手入れの仕方が全く変わってきます。

 

そして楽器のように手入れの仕方を書いた説明書なども、もちろんもらってはいません。このことが、私たちがカラダの手入れを怠ってしまう一つの要因かもしれません。

 

しかし、それこそ「痛み」になる前であれば、ストレッチやマッサージなどできることはたくさんあります。そう、本当は自分のカラダと向き合ってあげられていないだけなのではないでしょうか。

これからも一生付き合っていく自分のカラダ。

 

この機会に今よりもう少し自分のカラダと向き合い、その声に耳を傾けてみませんか?「自分のカラダと向き合う」この意識一つで、自分のカラダの状態がわかるようになっていきます。状態がわかれば、自分のカラダはより自分のものになっていくのです!そうすればきっと、今よりもっと快適に生活することができるはずです。

 

 

Taku吉田の出演動画はこちら>

Taku吉田のプロフィールはこちら>

< 一覧へ戻る