運動脳のスイッチON![フィット・リブ]は“運動のやる気”に火をつけるエクササイズ動画配信サービスです。

  • HOME
  • カラダLibraryNEWS & Column
  • 【“目覚めが悪い”“日中眠くて集中できない”そんな眠りの悩みから卒業する!】  ~2か月で“睡眠の質”から“生活の質”を変える!睡眠改善プログラム~
動画を探す

カラダLibraryNEWS & Column

【“目覚めが悪い”“日中眠くて集中できない”そんな眠りの悩みから卒業する!】  ~2か月で“睡眠の質”から“生活の質”を変える!睡眠改善プログラム~

2017/04/06 カラダ習慣コラム

11954152

    

   

4月になり新年度がスタートしました。

新しい学校や職場、そして新たな人間関係など、

これまでと環境が変わった方も多いのではないでしょうか!?

   

季節の変わり目でもあり、環境の変化もあるこの時期は、

日中は自然と気持ちが張り詰めていて疲れやすいです。

だからこそ一日の締めくくりである“睡眠”をしっかりとり、

スッキリとした朝を迎えたいものです。

   

そんなこの時期にピッタリの“睡眠改善プログラム”

前回までは自律神経を中心に、

ストレスケアや呼吸などカラダの内面から

睡眠の質を改善する方法についてご紹介してきました。

  

しかし睡眠に影響を与えるのはカラダの内面だけではありません。

実は筋肉や骨格などカラダの外面も睡眠に影響するのです。

そこで今回からは、

  

“カラダの外面から睡眠の質を改善する方法”

  

についてご紹介いたします。

   

   

さて、このコラムをご覧のみなさん、

今の自分の姿勢はどうなっていますか?

パソコンやスマートフォンをのぞき込むようにして、

顔が前に出て、肩が内側に入っていませんか!?

   

パソコンやスマートフォンの普及によって、

近年急激に増加しているのが“猫背”なのです。

猫背と言えば肩こりのイメージもあるかもしれませんが、

実は睡眠とも深いかかわりがあるのです。

   

猫背になると背中が丸まり、背骨の自然なカーブが失われます。

すると背骨の脇を通っている自律神経にも負荷がかかり、

睡眠へと影響が出てくるのです。

   

加えて猫背の状態が続くことで胸周りの筋肉が硬くなり、

肺が拡がりにくくなることから深い呼吸がしづらくなります。

それによってカラダはリラックスした状態になりづらく、

なかなか寝付けなかったり、夜中に目覚めてしまうといった

睡眠の質の低下につながっていきます。

    

一見睡眠とは関係の無さそうな“猫背”ですが、

実は呼吸や自律神経を介して睡眠に影響しているのです。

   

そこで今回は猫背を解消し睡眠の質を改善するのにピッタリの、

簡単エクササイズをご紹介いたします。

    

   

   

【今週の睡眠の質改善!オススメエクササイズ】

   

   

『カラダも第一印象も変わる!大人の魅力が輝く美姿勢エクササイズ

~3. 猫背を解消して美しく疲れにくい姿勢を作るエクササイズ篇

担当:七瀬(美姿勢ダイエットコーチ)

https://fit-lib.com/products/detail.php?product_id=221

   

   

NANASE.00_26_10_09.Still044

    

   

   

“猫背”と言われると背中ばかりをイメージしがちですが、

実は胸周りの筋肉もとても関係が深いのです。

胸の筋肉の縮こまりは肩が内側に入ってくる原因となり、

背中が丸まる大きな原因の一つになるのです。

猫背と呼吸に影響する胸周りからほぐしていきましょう♪   

   

《エクササイズのオススメポイント》

胸の動きは肺の動きと連動しているので、

動きと呼吸を合わせることで気持ちよくストレッチでき、

胸周りがしっかりとほぐれていきます。

   

《エクササイズの注意点》

肩に痛みが出ないよう、肘の位置や角度、

そして伸ばす方向などに注意して行ってください。

   

   

姿勢も良くなり睡眠の質も改善する、

まさに一石二鳥のエクササイズです。

1週間ぜひ続けてみてください!

   

 

< 一覧へ戻る