運動脳のスイッチON![フィット・リブ]は“運動のやる気”に火をつけるエクササイズ動画配信サービスです。

  • HOME
  • カラダLibraryNEWS & Column
  • 【“目覚めが悪い”“日中眠くて集中できない”そんな眠りの悩みから卒業する!】  ~2か月で“睡眠の質”から“生活の質”を変える!睡眠改善プログラム~
動画を探す

カラダLibraryNEWS & Column

【“目覚めが悪い”“日中眠くて集中できない”そんな眠りの悩みから卒業する!】  ~2か月で“睡眠の質”から“生活の質”を変える!睡眠改善プログラム~

2017/04/13 カラダ習慣コラム

body_kotsuban

    

   

3月からスタートした“睡眠改善プログラム”も、

早くも7週目に突入しました。

みなさん、ここ1週間の睡眠はどうでしたか!?

   

前回は、

   

“カラダの外面から睡眠の質を改善する方法”

  

ということで、猫背と睡眠の関係についてご紹介しました。

   

しかし睡眠に影響を与えるのは猫背だけではありません!

今回ご紹介するのは、

   

『骨盤と睡眠の関係』

  

についてです。

   

骨盤というのはカラダの中心辺りに位置し、

上半身と下半身をつないでいる部位です。

そのためカラダの姿勢や腰痛・膝痛など

様々な痛みや不調に関係していますが、

実は睡眠とも深い関係があったのです。

   

骨盤では1日の中で、開いたり閉じたりという

開閉運動が行われています。

この運動は自律神経によって調節されていて、

朝になると交感神経の働きで骨盤は自然と閉じていき、

夜になると副交感神経の働きで骨盤は開いていきます。

この一連の流れが骨盤のリズムとなっているのです。

  

このリズム、何かと同じだと思いませんか!?

実は以前ご紹介した“睡眠のリズム”と同じなのです。

まとめてしまうと、カラダには次のようなリズムがあります。

   

朝:交感神経が優位になる⇒骨盤が閉じ、目が覚める。

夜:副交感神経が優位になる⇒骨盤が開き、眠くなる。

   

   

そしてこのカラダのリズムに影響を与えるのが“骨盤の歪み”です。

   

骨盤は普段の姿勢や動きの癖などから歪みが生じることがありますが、

この歪みは骨盤の自然な開閉運動を妨げます。

するとそのことが自律神経に影響を与え、

睡眠の質の低下につながると言われています。

   

逆を言えば、骨盤の歪みを整えることは、

自律神経を整えることにつながり、

睡眠の質の向上につながるということですね!

 

   

そこで今回は骨盤の歪みを整え睡眠の質を改善するのに役立つ、

簡単エクササイズをご紹介いたします。

    

   

   

【今週の睡眠の質改善!オススメエクササイズ】

   

   

『下腹スッキリくびれを作る骨盤エクササイズ

~1.ウォーミングUP&骨盤ほぐし篇

担当:齋藤美穂(BODYメイクインストラクター)

https://fit-lib.com/products/detail.php?product_id=34

   

   

22_SAITO_01_01_13

    

   

   

上半身と下半身をつなぐ骨盤には、

とても多くの筋肉が関係しています。

骨盤自体の動きや股関節の動きを通じて、

骨盤周りの筋肉をほぐし、骨盤の歪みを整えましょう!   

   

《エクササイズのオススメポイント》

骨盤周りが硬くなっている人は、骨盤の動きが出にくくなっています。

骨盤にしっかりと意識を向け、じっくりほぐすのがポイントです♪

   

《エクササイズの注意点》

腰痛をお持ちの方は、骨盤の動きによって痛みが出る場合があります。

注意しながら行い、痛みの出る動きは避けるようにしてください。

   

   

腰痛などの不調改善から睡眠の質の向上、

さらにはくびれ作りにも役立つ、

とってもお得な簡単エクササイズです。

1週間ぜひ続けてみてください!

   

 

< 一覧へ戻る

メールマガジン登録

キャンペーン法人契約をご検討の方