運動脳のスイッチON![フィット・リブ]は“運動のやる気”に火をつけるエクササイズ動画配信サービスです。

動画を探す

カラダLibraryNEWS & Column

【自分でカラダのマイナスを解消!今日からはじめるセルフメンテナンス講座~脚線篇~】

2017/09/28 カラダ習慣コラム

8179973

    

   

みなさんこんにちは!

[フィット・リブ]お客様担当チームです。

  

   

全8回にわたってご紹介してまいりました、

『カラダのセルフメンテナンス講座』

今回が8回目、最終回となります。

     

これまでの7回をご覧になった方では、

“自分のカラダを自分でケアする習慣”

というものが身についてきたのではないでしょうか!?

   

最終回の今回ご紹介するテーマは、

女性の永遠の憧れである“脚線美”についてです!

   

   

“女性らしく丸みがありプリッと上向きのヒップ”

“キュッと引き締まったスラリと伸びた長い脚”

これらは女性では誰もが憧れる、

理想的な下半身のシルエットかと思います。

   

このような理想がある一方で、

“がに股”、“内股”、“X脚”、“O脚”など、

ご自身の脚線に悩みを抱えている方も

非常に多いのではないでしょうか?

   

理想的な“脚線美”悩みを抱えた“脚線”

そのターニングポイントはどこにあるのか?

まずは悩める脚線の原因から探っていきたいと思います。

   

    

“脚線”と言えば脚のシルエットなど、

“見た目”に関することというイメージから、

脚線へは筋肉や脂肪の影響が大きいと思われがちです。

   

もちろん筋肉や脂肪なども影響しますが、

それと同等かそれ以上に大きく影響するのが、

“アライメント(骨配列)”です。

     

私たちのカラダはいくつもの骨で構成される、

“骨格”と言うものを土台として、

筋肉や関節により“見た目”“動き”が作られます。

   

特にカラダの下側に位置する下半身は、

それぞれの骨が絶妙に配列されていることで、

重たいアタマや上半身を支えることができ、

“立つ”“歩く”という動作が行えるのです。

      

逆を言えば、普段からアタマや上半身を

支えながら姿勢を保っている下半身には、

常に大きなストレスが加わっており、

ちょっとした歪みやズレが起こることで、

適切な力の分散ができなくなり、

どこかにそのストレスが集中することになります。

   

    

中でも特に脚線への影響が大きいとされるのが、

“骨盤・股関節の歪み”“足の機能低下”です。

   

骨盤は1つの大きな骨の固まりと思われがちですが、

実は5つの骨から構成されていて、

それぞれの結合部で若干の動きがあり、

女性では特にその動きが大きいとされています。

    

腰の丸まった座り姿勢や足を組む癖などは、

骨盤の傾きや機能に影響を与え、

骨盤に歪みを生じさせる原因となります。

   

そしてそこで生じた骨盤の歪みは、

股関節を通じて脚の骨の向きや位置に影響し、

それが“X脚”“O脚”といった

脚線の悩みへとつながっていくのです。

   

また、一番下からカラダの支える“足関節周り”は、

実に片足28個もの骨から構成されていて、

それぞれが絶妙に配列されているだけでなく、

3つの“アーチ”と呼ばれる構造により、

ばねのようなクッション性を作り出し、

カラダが受ける衝撃を吸収しています。

    

この3つのアーチが低下することにより起こる

“足の機能低下”は、それまで絶妙なバランスで

全身を支えていた足関節周りのアライメントを、

少しずつ崩していくことにつながります。

   

“土台が崩れれば全てが崩れる”というように、

この足関節周りのバランスの乱れは、

カラダのバランスの乱れとなり、

下半身のアライメントに影響を及ぼすのです。

   

  

このように脚線の乱れに関するお悩みは

上(骨盤・股関節)と下(足関節周り)という

上下のアライメントに強く影響を受けます。

    

そしてこの上下のアライメントを整えるには、

それぞれの関節が正しく機能することが必要であり、

それには関節を動かしたり安定させたりする

周囲の筋肉の状態を整えることが重要になってきます。

   

そこで最終回となる今回は、

下半身のアライメントを整えるのに役立つ

簡単エクササイズをご紹介いたします!   

   

   

   

【今週のオススメエクササイズ】

   

   

①『脚線コンプレックスにサヨナラ!

まっすぐ脚を作る脚線整美エクササイズ

1. あなたがO脚になる理由&脚線改善エクササイズ篇

中村希実(脚線整美師)

https://fit-lib.com/products/detail.php?product_id=159

   

75_NAKAMURA_01_01_07

     

数ある脚線に関するお悩みの中でも、

最も多くの方が抱える“O脚”について、

「なぜO脚になってしまうのか?」

といった原因とO脚を改善するための

簡単エクササイズをご紹介いたします。

      

   

②『運動の効果もUP!中心を整えるカラダ軸づくりエクササイズ』

1. まずは土台から!足軸づくり篇

大久保進哉(パーソナルトレーナー)

http://fit-lib.com/products/detail.php?product_id=54

   

56_OHKUBO_01_01_11

   

 

脚線にも大きな影響を与える、

“足関節周りの機能低下”について、

その構造と機能を分かりやすく説明するとともに、

日常でできる簡単なケアの方法から、

機能低下を防ぐ簡単エクササイズまで、

まとめてご紹介していきます。

  

   

脚線の問題と言うと見た目への影響を

強く意識してしまいがちですが、

脚線の問題をそのままにしておくと、

それはやがて膝痛や腰痛などといった

カラダの不調となって現れ、

見た目にも機能的にも残念な“おブス脚”へと

つながる恐れを秘めています

   

このコラムを読んでハッとしたみなさん!

ぜひこれを機にご自身の脚線に目を向け、

スッキリとキレイな“脚線美”を手に入れましょう!

   

   

   

さて、全8回にわたりご紹介してきた、

『カラダのセルフメンテナンス講座』

いかがでしたでしょうか!?

   

私たちのカラダは、車などとは違い、

替えの効かない一生のパートナーです。

日頃からのメンテナンスをしっかりすることで、

カラダは調子の良い状態を維持することができ、

人生を思い切り楽しむことができます。

   

ぜひこれからも“日頃のセルフメンテナンス”

習慣として取り入れていただき、

快適な生活をお送りいただければと思います。

   

 

< 一覧へ戻る