運動脳のスイッチON![フィット・リブ]は“運動のやる気”に火をつけるエクササイズ動画配信サービスです。

動画を探す

カラダLibraryNEWS & Column

【撮影秘話から動画のオススメポイントまでマルっと紹介!~出演者スピンオフ~】

2018/01/11 カラダ習慣コラム

152-161_suga-007.00_32_44_17.Still050

    

   

[フィット・リブ]お客様担当チームです。

  

   

こちらのコラムでは、エクササイズ動画だけでは収まりきらない出演者たちの魅力を、撮影時のエピソードやこれまでの活動などとともにご紹介しています。

  

今回ご紹介するのは、フィギュアスケートにバレエ、ダンスなど様々な経験を持ち、今もなお“180度開脚”の持ち主である、ストレッチのスペシャリスト菅望先生です!

       

      

  

2016年10月、[フィット・リブ]のサービス開始からちょうど1年が経った頃、運営チームによる新たなエクササイズ動画に関する編成会議で議題となったのが、

  

「もっと手軽に、ちょっとしたすき間時間にできるもの」

「習慣として続けやすいもの」

  

といった内容でした。

   

        

サービス立ち上げ当初から“自宅でできる”“手軽に行える”“ちょっとしたすき間時間にできる”といったコンセプトの基で動画の構成を考えていましたが、

   

「動画で10分だとちょっと長いかも。」

「手軽で続けやすいものがいい」

  

お客様から寄せられたリアルなお声には、こういったご意見が多く見受けられたのです。

    

“手軽で習慣にしやすいもの”で浮かんだのが『ストレッチ』!しかし、運営チームの中でも一際カラダの硬いメンバーが、

  

「ストレッチってツラいだけで、全然柔らかくならない!」

  

と言い出したのです。よくよく話を聞いてみると「カラダが柔らかくなりたい!」という願望はあるものの、なかなか効果が出なくてやめてしまうのだそう。

   

  

この“カラダが硬い”運営メンバーの話をヒントに考え出されたのが、

 

“カラダが硬い人でも無理なく続けられて、習慣にしやすいストレッチ”

というコンセプトでした。

  

 

そこでご相談させてもらったのがストレッチのスペシャリストである菅先生!ご自身も180度開脚ができ、ストレッチに関する奥深い知識と経験を持ち合わせている菅先生と、「どうしたら“カラダが硬い”は卒業できるのか!?」というコンセプトの基、何度も打合せを重ねました。

  

打合せの段階でまず驚かされたのが菅先生の引き出しの多さです!“ストレッチ”というエクササイズの中でもすごく限られた分野であり、股関節周りと肩にパーツも限定されていたのにも関わらず、“こんなストレッチができる”“もっとこうしたら伸びる”などアイデアが尽きることがありませんでした。

  

  

菅先生との打合わせで決まった、

  

“ゼロから少しずつステップアップしていくストレッチ”

 

という内容構成で撮影当日を迎えましたが、菅先生がスペシャリストであるのは奥深い知識や経験の部分だけではありませんでした。

  

菅先生がスペシャリストとして持ち合わせていたのが、“その場の雰囲気を自分のものにする力”でした。この能力は運動指導者だけでなく先生やセミナー講師など、人前で話をする職業の方には必須と言ってもいい能力ですが、菅先生はこの“雰囲気を自分のものにする”という力が圧倒的に高かったのです!

 

話の展開やテンポ、物の例え方から時折挟むジョークに至るまで、菅先生が話し始めると、その場にいるスタッフ全員が菅先生の作り出す雰囲気に引き込まれていき、何とも言えない一体感がそこに生まれていたのでした。

  

インストラクターとして奥深い知識を持っているのはもちろんのこと、場の空気を創り出し参加者に興味を持って聞いてもらうことができるからこそ、その道のスペシャリストとして長年活躍できるのだと感じました。

  

  

菅先生の創り出す雰囲気に引き込まれ、まるで目の前でレッスンを受けているかのように感じられるエクササイズ動画はこちら!

  

  

  

『“カラダが硬い”を卒業する!

ゼロから始めるステップアップストレッチ~開脚&肩周り編~

https://fit-lib.com/products/list.php?category_id=101

  

152-161_suga-007.00_02_46_05.Still005

カラダの中でも可動域が広い“股関節”“肩”にポイントを絞り、

ゼロからでも無理なく続けられるステップアップ形式のストレッチ動画です!

1本あたりは約5分と短く、習慣として続けやすい内容となっています。

“千里の道も一歩から”!カラダが硬いを卒業しましょう♪  

  

  

< 一覧へ戻る