運動脳のスイッチON![フィット・リブ]は“運動のやる気”に火をつけるエクササイズ動画配信サービスです。

動画を探す

カラダLibraryNEWS & Column

“腸内”環境は“腸ポジ”環境から!?/[フィット・リブ]ウィークリーNEWS(4月14日)

2018/04/14 Fit-Lib.ニュース

3980926

   

*★*Fit-Lib.━*★*★*━━━━━━━━*★*

   

“腸”で大切なのは内部環境だけじゃない!?

意外と知られていない“腸ポジ”の重要性とは?   

         

*★*━━━━━━━━━★*2018.4.14━*★*

  

  

こんにちは。
[フィット・リブ]お客様担当チームです。

     

  

昨今、健康に関するキーワードとして話題に挙がることが多い“腸”!      

   

腸は食べ物の消化・吸収に関わる器官であり、腸の働きが悪くなると便秘や下痢、肌荒れなどにもつながると言われています。そしてこうした症状を改善するために、“腸内環境”を整えることが大切だということはテレビや雑誌などでもよく目にしますよね。

   

ですが実は、健康において重要なのは“腸内環境”だけではなく、その“ポジション(位置)”もカラダへの影響が大きいことをご存知でしたでしょうか!?

  

そこで今回は、腸内環境とともに重要な“腸ポジ”についてご紹介します!

  

  

  

     

「年齢とともに二の腕のたるみが気になって・・・。」

「以前と比べて胸やお尻の位置が下がった気がする。」

  

    

こうしたカラダの“下がる(垂れる)問題”。全く気にならないという人は少ないのではないでしょうか!?  

  

また“下腹ぽっこり”も、皮下脂肪や内臓脂肪が原因と思われがちですが、実は“カラダの下がり”と無関係ではないのです!

   

“下腹ぽっこり”の大きな原因の一つとして注目されているのが“下がり腸”という現象です。腸というのは元々、ブランコのように上側の両端だけが固定され、ぶら下がっているような状態です。ゆえに周りの内臓やお腹周りの筋肉などに支えられ、その位置が保たれています。

     

しかし姿勢が悪くなったり、お腹周りの筋力が低下することで腸はその位置を保てなくなり、“下がり腸”になってしまうのです。そして胸周りとは違い、お腹周りは骨で囲われていないため、下がってきた腸は居場所を失い、下腹だけがぽっこりと出てきてしまうのです。

 

これだけでも「腸の位置(腸ポジ)大事!!」と感じる方も多いかと思いますが、“腸ポジ”の影響はこれだけに留まりません!

  

  

本来、腸を含めた内臓器官は“体幹”と呼ばれる狭いスペースに上手に収まっています。お互いが絶妙なバランスでその位置をキープしているのですが、腸の位置が下がることでそのバランスが崩れてしまうのです。すると周りの臓器も本来の位置からズレ、次第に下がってきてしまいます。

    

そして腸の位置が下がったことによる“内臓全体の下がり”は、カラダに様々な影響を及ぼします。

  

  

・機能の低下により、基礎代謝の約50%を担う“内臓の働き”による代謝の低下。

  

・背中側の太い血管が圧迫されることによる血液循環の低下(カラダの冷えの原因に)。

  

・腸に溜まった老廃物が血管から血液に浸透して全身を巡る(むくみや肌荒れの原因に)。

  

  

  

このように私たちの腸は“腸内環境”のみならず、その“腸ポジ(位置)”が健康においてとても重要であることがわかります。

そして“下がり腸”は姿勢やお腹周りの筋力低下に影響を受けることから、良い姿勢をキープしたり、体幹部分(お腹周り)の筋力をしっかりと維持することが、“腸ポジ”を正しく保つことにつながるのです。

  

  

そこで今週のオススメはこちら!体幹の筋力強化にピッタリのピラティスの動作の中から、“腸ポジ”を正しく保つことや、腸内環境を整えるのに役立つ内容を凝縮させた“ピラティス×美腸”の新コンセプトエクササイズを今週より配信を開始しています。

     

  

        

『カラダの内側からトータルビューティーを手に入れる美腸ピラティス

~1.キレイの土台は呼吸から!カラダを整える美腸呼吸篇~

講師:TAKAE(トータルビューティートレーナー)

https://fit-lib.com/products/detail.php?product_id=315

※今後も順次配信予定

  

0203_TAKAE.00_05_44_02.Still003

  

カラダの外側から引き締めるピラティスの中で、腸に働きかける内容を厳選し、

カラダの内側にもアプローチしていきます。

初回となる今回は腸内環境やカラダ作りの土台となる、

“呼吸”を整えることからはじめていきます。

呼吸でお腹周りの筋肉を刺激することで“腸ポジ”を保つことにもつながりますよ!

  

  

さらに今週は、腸を含めた内臓の位置や機能に大きく影響する、“姿勢”を美しくキレイに保つのにピッタリの“美姿勢エクササイズ”もご紹介いたします!

  

  

★気になるお尻~脚のラインをスッキリさせるにはこちらがオススメ!

   

『一目置かれる女性に変身♪

理想の美尻&脚のラインをつくる美姿勢エクササイズ

https://fit-lib.com/products/list.php?category_id=1

   

03_NANASE_01_03_11

    

  

  

★カラダの背面を引き締め、“後ろ姿美人”を目指すにはこちらがオススメ!

   

『後ろ姿に差を付ける♡色気のある背中から

クビレが輝く美姿勢エクササイズ

https://fit-lib.com/products/list.php?category_id=81

   

10_Nanase_02_04_05

    

  

  

★オフィスでのちょっとしたスキマ時間にできるカラダケアにはこちらがオススメ!

   

『カラダも第一印象も変わる!大人の魅力が輝く美姿勢エクササイズ

https://fit-lib.com/products/list.php?category_id=95

   

NANASE.00_26_10_09.Still044

    

    

  

キレイな姿勢を維持して“腸ポジ”を正しく保つ、“腸からはじめるカラダ作り”にも、ぜひ今後とも[フィット・リブ]をご活用ください。

     

  

  

━━━━━━━━━━━━━━━━
2.今週公開の新着コラム紹介
━━━━━━━━━━━━━━━━

   

カラダのお悩み解消に役立つエクササイズのポイントを紹介する新規連載コラム!

  

『お悩み解消への5ステップ!ピンポイントエクササイズ』

   

『美尻&美脚篇ステップ5』は、私たちんの日常生活で多い“歩行”“階段昇り”を、

より楽に、スムーズにするのにピッタリの“ランジ”のご紹介です!

https://fit-lib.com/wppost/plg_WpPost_detail.php?post_id=2256&blog_id=1

  

下半身の代表的なトレーニング種目である“ランジ”は、

ヒップアップや太ももの引き締めに効果的なのはもちろんのこと、

私たちの歩行や階段昇りをスムーズにするのにも役立ちます!

ポイントはただ筋肉を鍛えるだけでなく“○○”を意識すること!?

  

  

      

☆★——————————–★☆

3.今月のプレゼントキャンペーン情報

☆★——————————–★☆

   

『運動しただけでプレゼントがもらえるかも!?』

   

[フィット・リブ]ならいつでもどこでもエクササイズできる!

天気のいい日には青空の下でヨガやストレッチするのも

なかなか気持ちがいいですよ♪

そんな時に役立つ“プリントヨガマット”を、

抽選で2名様にプレゼントしちゃいます!

詳しくはこちらから 

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

https://fit-lib.com/user_data/campaign/

   

  

 

< 一覧へ戻る