運動脳のスイッチON![フィット・リブ]は“運動のやる気”に火をつけるエクササイズ動画配信サービスです。

  • HOME
  • カラダLibraryNEWS & Column
  • えっ、血管が消える!?注目のゴースト血管とは/[フィット・リブ]ウィークリーNEWS(5月26日)
動画を探す

カラダLibraryNEWS & Column

えっ、血管が消える!?注目のゴースト血管とは/[フィット・リブ]ウィークリーNEWS(5月26日)

2018/05/26 Fit-Lib.ニュース

血管画像

   

*★*Fit-Lib.━*★*★*━━━━━━━━*★*

   

NHKでも特集が組まれる話題のキーワード

“ゴースト血管”の正体とその対策法とは?   

         

*★*━━━━━━━━━★*2018.05.26━*★*

  

  

こんにちは。
[フィット・リブ]お客様担当チームです。

  

  

『ゴースト血管』

   

  

この言葉をご存知でしょうか!?

   

最近、NHKをはじめとするTVでも多く特集されているので、

耳にしたことのある方も多いかもしれませんね。   

   

ネーミング的にも、聞いただけで「えっ?なんか怖い…」

なんて思われるかもしれませんが、その実何が本当に恐ろしいのでしょうか?

  

今週は話題の健康キーワード“ゴースト血管”の、

名前だけではない本当の恐ろしさと、

知っておきたい対策法についてご紹介します!

    

     

  

  

≪本当はとても重要!“小さな仕事人”毛細血管の働きとは?≫

    

  

多くの方は“血管”と聞くと

“動脈”“静脈”といった大きな血管をイメージするかもしれません。

ですが実は全身の血管のうち99%が毛細血管であり、

全てつなぎ合わせると約10万km(地球約2週半分)にも及ぶ、

カラダの中の一大勢力なのです!

  

さらに毛細血管は“自ら枝分かれし伸びていく”という機能を持っています。

細胞は酸素や栄養素がないと生きてはいけませんから、

毛細血管がカラダ中に行き渡ることによって、イキイキと元気でいられるのです。

まさに“小さな仕事人”ですよね♪

  

   

   

血管が消失する!?話題の“ゴースト血管”とは?

  

  

血管が自ら枝分かれし伸びていく機能のことを“血管新生”と言います。

「そんな素晴らしい機能があったの!」と驚き喜ぶ方もいるかと思いますが…

  

  

『20代の頃の約60%』

  

  

これは60代~70代の方の毛細血管の割合を示しています。

実は毛細血管は年齢を重ねるごとに数が減ってしまうのです!

  

「えっ、さっき増えるっていったじゃん!」

  

といったお声をいただきそうですが、

毛細血管はどちらの性質も持ち合わせているのです。

そしてこの毛細血管が減っていく(消失してしまう)現象のことを“ゴースト血管”と呼び、

健康に様々な影響を及ぼしていると言われています。

最近では、生活習慣などにより20~30代でも症状が現れており、

大きな注目を集めているのです。

      

  

  

≪ゴースト血管を救え!鍵を握るのは“血流”!?≫

  

  

ではなぜ毛細血管は“ゴースト血管”となってしまうのでしょうか?

真相を探る鍵は“血液の流れ(血流)”にありました。

  

運動不足や不健康な生活習慣を続けていると、

血流量が少なく、血液もドロドロになります。

また毛細血管を覆っている“血管壁”という壁が壊れやすくなり、

途中で多くの血液が外に漏れだしてしまうのです。

  

これでは隅々まで血液を行き渡らせることはできません。

そして血液が届かず使われなくなった毛細血管は、

次第にその姿が薄れていき、ついには消失してしまいます。

  

毛細血管が消失してしまえば、

当然その先にある細胞に酸素や栄養素は届きませんから、

細胞の機能は徐々に低下し、やがては死滅してしまいます。

  

肌で例えるならば、ターンオーバーがなされなくなり、

古くなった細胞のままになってしまうということ。

これでは外側からどんなにスキンケアをしようとも

肌がハリや潤いを取り戻すのは難しいですよね。

  

血流の影響と言えば“むくみ”が代表的でしたが、

ゴースト血管の症状が肌で起きればシミやシワ、くすみ、

内臓で起きれば機能低下による代謝疾患に。

そして脳では老廃物と言われる“アミロイドβ”の蓄積による認知機能の低下、

認知症の発症にまでつながると言われているのです。

  

  

「流れが良ければ枝分かれして増えていく、

悪ければ先まで行き渡らずに消失していく。」

  

  

ゴースト血管を防ぎ毛細血管の状態を正常に保つには、

血流を良くすることが欠かせないということですね!  

  

 

そこで今回は[フィット・リブ]のエクササイズ動画の中から、

“血流”を促すのにピッタリのエクササイズ動画をご紹介します!

  

  

  

★第二の心臓と言われる“ふくらはぎ”を動かし血流を促すにはこちらがオススメ!

        

ゲーム感覚で楽しく運動!脳とカラダを連動させて、

思い通りに動けるカラダへ!JIZAI体エクササイズ《ベーシック》

5. 足首をやわらかくして、ヒザ・腰への負担軽減!ふくらはぎ・足首篇

https://fit-lib.com/products/detail.php?product_id=141

  

74_TAKUYOSHI_01_05_11

  

  

  

★有酸素運動で全身の血流を促すにはこちらがオススメ!

   

『今日のストレスを明日に持ち越さない!

おうちdeボクシングエクササイズ(初級編)

5. 全身を使い、カッコよくボクシングエクササイズ篇

https://fit-lib.com/products/detail.php?product_id=131

   

55_ChaCha_01_05_05

 

   

      

カラダの中の“流れ”を促すには「水」を飲むことも

大切なポイントになってきます! 

  

全身の流れを促し、いつまでもイキイキとしたカラダを維持していくためにも、

ぜひ今後とも[フィット・リブ]をご活用ください。

     

  

  

━━━━━━━━━━━━━━━━
2.今週の新着エクササイズ動画
━━━━━━━━━━━━━━━━

  

キレイな姿勢を保つには“背面”への意識が欠かせない!?

  

『カラダの内側からトータルビューティーを手に入れる美腸ピラティス

5.背中を引き締めてキレイな姿勢を保つ篇

講師:TAKAE(トータルビューティートレーナー)

https://fit-lib.com/products/detail.php?product_id=319

  

0203_TAKAE.01_23_05_06.Still039

 

“姿勢保持筋”という言葉を聞いたことはあるでしょうか!?

その名の通り“姿勢を保持するために働く筋肉”

これらの筋肉はカラダの中心、さらには裏側に位置しています。

特に普段から腕を前で使う癖のある現代では、

自然とカラダの裏側への意識は薄れてしまいます。

意識的に“背面”を引き締める意識をもつことで、

姿勢が整いトータルビューティーが手に入りますよ♪  

  

  

━━━━━━━━━━━━━━━━
3.今週のオススメコラム紹介
━━━━━━━━━━━━━━━━
– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

   

カラダのお悩み解消に役立つエクササイズのポイントを紹介する新規連載コラム!

  

『お悩み解消への5ステップ!ピンポイントエクササイズ』

   

『肩こり&美姿勢篇』のステップ3でご紹介するエクササイズは、

姿勢作りに欠かせない“背骨”にしなやかさを取り戻していく内容です!

https://fit-lib.com/wppost/plg_WpPost_detail.php?post_id=2352&blog_id=1

  

私たちのカラダの中心に位置し、

アタマから骨盤までをつないでいる、

体幹の重要な構成要素です。

体幹と聞くと“固める”というイメージが多いかもしれませんが

キレイな姿勢を作り、しなやかな動きを身につけるには

「固める・動かす」の使い分けが重要なポイント♪

今回はそんな“背骨”にしなやかさを取り戻していきます!

  

  

      

☆★——————————–★☆

4.今月のプレゼントキャンペーン情報

☆★——————————–★☆

   

『運動しただけでプレゼントがもらえるかも!?』

   

 

今週より新たな商品に変更しています!

スマートフォンでエクササイズ動画をみていると、

どうしても気になるのが“イヤフォンのコード”です。

「コードを気にせずもっと大きく動きたい!」

そんな想いを実現する“ワイヤレスイヤフォン”を、

抽選で2名様にプレゼント!

詳しくはこちらから 

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

https://fit-lib.com/user_data/campaign/

   

  

 

< 一覧へ戻る