運動脳のスイッチON![フィット・リブ]は“運動のやる気”に火をつけるエクササイズ動画配信サービスです。

動画を探す

カラダLibraryNEWS & Column

【お悩み解決への5ステップ!ピンポイントエクササイズ~くびれ篇 ステップ3~】

2018/08/02 カラダ習慣コラム

9620444

    

  

みなさん、こんにちは!

  

カラダに関する“ちょっとした悩み”の解決に役立つ

ピンポイントエクササイズを紹介する、

    

【お悩み解決への5ステップ!ピンポイントエクササイズ】

  

カラダに関する悩みの中でも“3大テーマ”と言っても過言ではない、

『美尻&美脚』『くびれ』『肩こり&美姿勢』

についてピンポイントで効果的な簡単エクササイズをご紹介!

   

《くびれ篇》も中盤戦、ステップ3に突入です!

今週は姿勢をキープすることで引き締める“プランク”のご紹介です。

  

    


  

【お悩み解決への5ステップ!ピンポイントエクササイズ】

《くびれ篇ステップ3.動かないことでお腹が引き締まる!?

  


  

  

  

これまでのステップ1ステップ2をご覧いただけた方では、くびれ作りは闇雲に腹筋運動からはじめるのではなく、“引き締める意識”が大切だということに気づいていただけたかと思います。

  

続いて今週のステップ3では、そのことをよりしっかりと意識するために、姿勢をキープするエクササイズを紹介します!

  

  

「動かずに姿勢をキープするだけで

エクササイズになるの?」

  

こんな風に思う方もいらっしゃるかもしれませんが、

ちょっと思い出してみてください。

  

たくさん荷物の入ったハンドバッグを腕にかけていて、段々腕が疲れてきた経験はありませんか!?

  

その時腕は動かしていましたか?動かしていないですよね!実はここに秘密が隠されているのです。

  

   

筋肉が力を発揮する方法には、大きく分けて3種類あります。

  

  

①筋肉が縮む時に力を発揮する方法

 

②筋肉が伸ばされる時に力を発揮する方法

  

③筋肉の長さを変えずに力を発揮する方法

  

  

筋力トレーニングと聞いて多くの方がイメージするのは、①筋肉が縮む時に力を発揮する方法かと思います。

  

一方であまりイメージにない③筋肉の長さを変えずに力を発揮する方法も、実は日常生活の中でたくさん使われているのです!

  

それが“姿勢を保つ”という動作です。

  

私たちのカラダは止まっている時には、

カラダをその場に留めようとするために細かい筋肉が

絶えず働き続けているのです。

  

別名“姿勢保持筋”とも呼ばれるそれらの筋肉は、

カラダの中心や裏側にたくさん存在します。

  

お腹周りでは特に表面で触れる筋肉ではなく、触れられない奥にある筋肉たちが姿勢を保つのに使われます。

  

この筋肉たちの特徴は“意識するのが難しい”ということ!

  

奥に位置しているので上手に使っていくことでお腹をギュッと引き締めるのに役立つ反面、意識するのが難しいため間違って違う筋肉が使われてしまったり、他の場所に負担がかかることがあるのです。

  

そこで役立つのがステップ1、ステップ2の呼吸法!

息を吐いたときのお腹が薄く固くなり引き締まった感覚をしっかりと思い出しながら行っていきましょう!

    

  

  

【スタートポジション】

  

プランクスタート  

  

・うつ伏せに寝転がり、肩の下に肘をついて上体を少し起こします。

・お腹を凹ませ引き上げる意識を持っておきましょう。

  

  

【フィニッシュポジション】

  

プランクフィニッシュ

  

  

・つま先と肘でカラダを支えるようにしてお尻を持ち上げます。

・頭~かかとまでが一直線になるところまでお尻を上げます。

・その姿勢をしっかりキープしたまま10秒数えたらゆっくりと下ろします。

  

《今日のポイント》

・腰が反ったり丸まったりしないように、一直線を意識します。

・腰に負担がかからないようお腹を引き上げる意識を持ちましょう!

・呼吸が止まらないように自然な呼吸を心掛けましょう!

・この姿勢が難しい方は、膝をついた状態で行ってみましょう。

  

  

  

このエクササイズはアスリートなども行うほど、

しっかり行うことでカラダへの効果は非常に高く、

お腹周りの引き締めだけでなく動作の安定や、

動きのつながりをつくるのにも役立ちます。

  

しかしその分しっかりと意識して姿勢を保てないと、

効果が薄れるだけでなく腰に負担がかかるなど、

思わぬケガにつながることもあります。

  

動作中にもし腰に負担がかかっていると感じたら、

直ぐに中止して膝つきで行ったり、

ステップ1、ステップ2の呼吸法に戻りましょう。

  

正確性が最大のポイントになる“プランク”

無理のないところからはじめてみてください♪

  

  

  

★このエクササイズが紹介されている動画はこちら!

  

『痩せるスイッチをONにする!代謝UPストレッチ

3. 効果てきめん!『動』ストレッチ!篇

担当:市川紗也子(更年期不調改善ケアプランナー)

http://fit-lib.com/products/detail.php?product_id=29

  

14_ICHIKAWA_01_03_13

 

ダイエットやシェイプアップに欠かせない“代謝”

全身の筋肉をしっかりと動かして血流を促すことで、

カラダが本来持つ代謝を取り戻していきましょう。

“プランク”は内臓の位置を保つのにも効果的なので、代謝を取り戻すのには欠かせません!

  

  

 

< 一覧へ戻る