運動脳のスイッチON![フィット・リブ]は“運動のやる気”に火をつけるエクササイズ動画配信サービスです。

動画を探す

カラダLibraryNEWS & Column

【お悩み解決への5ステップ!ピンポイントエクササイズ~くびれ篇 ステップ4~】

2018/08/16 カラダ習慣コラム

186

    

  

みなさん、こんにちは!

  

カラダに関する“ちょっとした悩み”の解決に役立つ

ピンポイントエクササイズを紹介する、

    

【お悩み解決への5ステップ!ピンポイントエクササイズ】

  

カラダに関する悩みの中でも“3大テーマ”と言っても過言ではない、

  

『美尻&美脚』『くびれ』『肩こり&美姿勢』

  

についてピンポイントで効果的な簡単エクササイズをご紹介!

   

《くびれ篇》もいよいよステップ4に突入しました!

前回は姿勢をキープすることで引き締める“プランク”紹介しましたが、今週は同じ姿勢保持でも、横からアプローチする“サイドプランク”です!

  

    


  

【お悩み解決への5ステップ!ピンポイントエクササイズ】

《くびれ篇ステップ4.“お腹のはみ出し”は横から支えよ!

  


  

  

  

さてみなさん、ステップ3はご覧いただけましたでしょうか?

  

筋肉を鍛えるには“縮める”というイメージが強いかもしれませんが、ステップ3でもご紹介したように、筋肉は縮めるだけでなく、長さを変えなくてもしっかりと刺激することができます。

  

『姿勢保持』

  

私たちは日常生活の中で、動かずにその場に立ったり座ったりしているだけでも、その姿勢を保持するために絶えず様々な筋肉が働いています。

  

  

ではもし、姿勢を支えられなくなったらどうなるでしょうか?

  

例えば、ドーナツを上から押しつぶしたとします。

このときドーナツはどうなるでしょうか?

  

中身が四方八方に飛び出してしまうのは容易に想像がつくかと思います。

   

  

キレイな姿勢が保てなくなり、背中や腰が丸まったカラダでは、このドーナツと同じような現象が起こっているのです。

  

お腹周りに本来あるべきスペースがつぶされてしまうことによって、一番外側にある余分な脂肪が前や横にはみ出してきてしまいます。

  

つまりキレイな姿勢を保持し、お腹周りのはみ出しを予防することが、お腹周りに位置する“腹筋群”の本来の役割なのです!

  

  

そして“腹筋”ではなく、あえて“腹筋群”という表現をしたのは、お腹周りを支えているのは正面に位置する筋肉だけでなく、横や奥から支えている筋肉の働きがあってこそだから!

  

カラダを支えるには、これら腹筋群の

  

『チームワーク』

  

が欠かせないのです。

    

  

そこで今週は、横からカラダを支えてくびれを作る“サイドプランク”という種目をご紹介します。    

  

  

【スタートポジション】

  

サイドプランクスタート  

  

・横向きに寝転がり、肩の下に肘をついてカラダを真っ直ぐにします。

・上から見た時に、頭から足先までが一直線になるようにしておきましょう。

  

  

【フィニッシュポジション】

  

サイドプランクフィニッシ

  

  

・下側の足と肘でカラダを支えるようにしてお尻を持ち上げます。

・正面から見た時に、頭~足までが一直線になるところまでお尻を上げましょう。

上から見た時にも一直線がキープできているように意識しましょう!

・その姿勢をしっかりキープしたまま10秒数えたらゆっくりと下ろします。

  

《今日のポイント》

・肩に負担がかからないように、支えやすい肘の位置を探しましょう。

・お尻を上げるだけでなく、最後に“脇腹”を引き上げましょう!

・特にお尻が出っ張ったり、肩が前に出る方が多いので、

上から見た時にも一直線であることを常に意識しておきます。

・この姿勢が難しい方は、膝をついて行ってみましょう!

  

  

  

前回の“プランク”とセットで行うことで、相乗効果でお腹周りがグッと引き締まります!

  

姿勢の保持やくびれ作りだけでなく、横への動きを安定させるため“動きの質”を高めることにも役立ちます。

  

ぜひ“下側の脇腹を引き上げる意識”を忘れずに行ってみてください♪

   

  

  

★このエクササイズが紹介されている動画はこちら!

  

『下腹スッキリくびれを作る骨盤エクササイズ』

5. 下腹部のたるみがちな筋力UP篇

担当:齋藤美穂(BODYメイクインストラクター)

https://fit-lib.com/products/detail.php?product_id=37

  

26_SAITO_01_05_07

 

足で支えるのがツラい方は、膝をついて行ってみましょう!もう一つの支えである肘との距離が短くなるので少し負荷が軽くなります。

正面から見ても、上から見ても一直線になっていることを意識しながら、少しずつレベルアップしてみてください♪

  

  

 

< 一覧へ戻る