運動脳のスイッチON![フィット・リブ]は“運動のやる気”に火をつけるエクササイズ動画配信サービスです。

動画を探す

カラダLibraryNEWS & Column

【お悩み解決への5ステップ!ピンポイントエクササイズ~くびれ篇 ステップ5~】

2018/08/30 カラダ習慣コラム

美くびれ

    

  

みなさん、こんにちは!

  

カラダに関する“ちょっとした悩み”の解決に役立つ

ピンポイントエクササイズを紹介する、

    

【お悩み解決への5ステップ!ピンポイントエクササイズ】

  

カラダに関する悩みの中でも“3大テーマ”と言っても過言ではない、

  

『美尻&美脚』『くびれ』『肩こり&美姿勢』

  

についてピンポイントで効果的な簡単エクササイズをご紹介!

  

3大テーマに合わせて様々なポイントをご紹介してきましたが、今週が《くびれ篇》最後のステップ5であり、このコラムの最期になります。

  

今週ご紹介するエクササイズは、お腹の部分でカラダを捻る“ツイスト”という種目です!一見簡単そうに思えますが、実はポイントを押さえていないと上手に効果を出すことが難しいのです。

  

    


  

【お悩み解決への5ステップ!ピンポイントエクササイズ】

《くびれ篇ステップ5.捻る前にまず引き伸ばす!?

  


  

  

  

さて、《くびれ篇》もいよいよ最後となるステップ5です!

  

これまでは“くびれ篇”なのに、呼吸法や姿勢保持といったくびれと結びつきづらいことがポイントになることをご紹介してきました。

  

そのため「へぇ~、そうだったんだ!」と思っていただける方もいらっしゃるかもしれませんが、内心「これで本当にくびれできるの!?」と半信半疑の方もいらっしゃるかと思います。

  

そこでステップ5ではついに!筋肉を縮めて鍛えるようなイメージしやすいエクササイズをご紹介します!

  

  

“くびれ”と呼ばれるのはカラダの横のラインのため、“腹斜筋”と呼ばれる脇腹の筋肉を縮めることが、お腹周りを引き締めてキレイなくびれを作るポイントになります。

  

“腹斜筋”は、読んで字のごとく、斜めに通っている筋肉なので、“カラダを捻る”ことでしっかりと筋肉を働かせることができます。

  

「なんだぁ、意外と簡単じゃん!」

  

なんて思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、実はここには“大きな落とし穴”が潜んでいるのです!!

  

  

まずは、ステップ4でご紹介した“ドーナツのお話”を振り返ってみましょう!

  

ドーナツを上からつぶすと中身が四方八方に飛び出すのと同じように、腰や背中が丸まった姿勢では肋骨と骨盤のすき間が小さくなってしまうため、その部分にある脂肪が前や横に飛び出してきます。

  

すると今までシュッとしていた“くびれライン”が、みるみるうちに失われていくのが分かるかと思います。これではくびれはできませんよね。。。

  

ですが実は、失われていたのは“くびれライン”だけではなかったのです!

  

一度背中や腰を丸めた姿勢でカラダを捻ってみてください。

どうですか?なんだか捻りづらくないですか?

  

実はもう一つ失われてしまうのは、お腹を含めた体幹部の大切な動きの一つである“捻る動き”なのです。

   

これでは、脇腹を引き締めるためにカラダを捻ろうとしても、腰や背中が丸まった姿勢では十分に捻ることができないため、効果が半減してしまいます。。。

  

これで一見簡単そうな、カラダを捻る“ツイスト”の動きが、ステップ5になっている理由がお分かりになるかと思います。

  

“ツイスト”の効果を最大限に得て、しっかりと脇腹を引き締めるには、ステップ1からの積み重ねで姿勢を整えたり、お腹周りを引き締めておくことがとても大切な準備になるのです!

   

  

『捻る前に、まず“引き上げる”!』    

  

  

このポイントを知っているかで、キレイなくびれを作るまでの道のりに、大きな大きな差が出てくると言っても過言ではないかもしれません。

  

では早速、くびれ篇の最終種目となる“ツイスト”いってみましょう!   

  

  

【スタートポジション】

  

ツイストスタート  

  

・足を肩幅に開いて立ち、片脚を一歩後に引きます。

・両肘を肩の高さでセットします。

・この時しっかりとお腹を引き上げておきましょう。

  

  

【フィニッシュポジション】

  

ツイストフィニッシュ

  

  

・前足の方に向かって、息を吐きながらカラダを捻っていきます。

・この時、背骨を中心にカラダが回転している意識を持ちましょう。

・捻り切ったら、息を吸いながら元の位置に戻ります。

・左右15回ずつ行ってみてください♪

  

  

《今日のポイント》

・しっかり“捻りきる”ためにも、常にお腹を引き上げる意識を持ちましょう!

“事前の準備”として、呼吸法でお腹を引き締めておくとさらに効果的です。  

  

  

ステップアップ形式でご紹介していますので、

  

「なんだか上手にできないなぁ・・・。」

  

などと感じた時には、ぜひ前のステップに戻ってポイントを復習していただき、再度チャレンジしてみてください!

   

  

  

★このエクササイズが紹介されている動画はこちら!

  

『後ろ姿に差を付ける♡色気のある背中からクビレが輝く美姿勢エクササイズ』

3. クビレをつくる美姿勢エクササイズ①篇

担当:七瀬(美姿勢ダイエットコーチ)

https://fit-lib.com/products/detail.php?product_id=150

  

09_Nanase_02_03_09

 

“ツイスト”の動きは座った状態でもできます!ぜひオフィスでのスキマ時間などにコツコツ行ってみてください♪

その際にも、“捻る前に、まず引き上げる”の意識をお忘れなく!

  

  

  

【お悩み解決への5ステップ!ピンポイントエクササイズ】

  

いかがでしたでしょうか!?カラダの中でも気になる3大テーマとも言える、

  

《美尻&美脚篇》

《肩こり&美姿勢篇》

《くびれ篇》

  

それぞれについて、1からステップアップしながら行える内容ですので、ぜひこれからもたまに見返していただき、“理想のカラダ作り”にお役立てください。

  

 

< 一覧へ戻る