運動脳のスイッチON![フィット・リブ]は“運動のやる気”に火をつけるエクササイズ動画配信サービスです。

動画を探す

カラダLibraryNEWS & Column

運動は、三日坊主でもいい!ってどういうこと!?

2016/01/03 カラダ・ディクショナリー

この記事を書いた講師

更年期・不調改善ケアプランナー 市川紗也子

  

『三日坊主』・・・この言葉を聞くと、過去の少し苦い記憶が思い出される方もいらっしゃるのではないでしょうか?

  

私もその一人で、たくさんの三日坊主を経験してきました。

  

ダイエット・ランニング・筋トレ・英語の勉強・・・意気込むものの習慣にできずいつの間にかやらなくなってしまって、落ち込んでしまうことも。(英語なんて、気合い入れて本・CDの教材買ってしまいましたが、今もまだほぼ手つかずで眠ってます…)

  

でも、ある時ふと気づきました。

  

三日坊主も、何度もトライすれば身になり、習慣にさえできることに。

  

  

例えば、「健康とダイエットのために運動をしたい」と始めたストレッチと筋トレも3日しか続かなかったとします。

  

でもそのまた3日後に開始、そして休止、また開始と続き、3ヶ月・半年経って振り返ってみると、休止期間が所々にあるものの継続できているのです。

  

そして身になっていることに気付くのです。

  

また、ストレッチ・筋トレをヨガに変えてみたり、ピラティス・ボクササイズといろいろトライしてみることで、自分に合ったものに出会えたり、続けられる方法を見出したりできるといった可能性も大いにあります。

  

いかがでしょうか?

気持ちが少し軽くなってきましたか?

  

頑張らなきゃと意気込むと「大変なことだ」という意識にもスイッチがはいってしまいます。

  

何かを始めようという時、期待と意気込みなどからどうしても気合いが入りすぎてしまい、心身ともに固くなってしまいがちです。

  

三日坊主でもいい!

何回でも三日坊主を繰り返そう!

  

発想の転換ではあるのですが、このように思うことで気持ちが軽くなります。気持ちが軽くなると、行動も身軽になります。

  

三日坊主なってしまうからと構えず、また三日坊主になってしまったと落ち込まずに、運動をまずは気楽に始めていただきたいなと思います。(私は英語の勉強を…)

  

 

 

更年期・不調改善ケアプランナー 市川紗也子の出演動画はこちら>

更年期・不調改善ケアプランナー 市川紗也子のプロフィールはこちら>

< 一覧へ戻る

メールマガジン登録

キャンペーン法人契約をご検討の方