運動脳のスイッチON![フィット・リブ]は“運動のやる気”に火をつけるエクササイズ動画配信サービスです。

動画を探す

カラダLibraryNEWS & Column

『キレイになるなる大辞典③~美姿勢は肩甲骨から!美しく歩いて代謝アップ&肩こり改善~』

2016/06/30 カラダ・ディクショナリー

0407大下さんプロフィール

 

 

 パーソナルトレーナー

Misaki

    

  

  

 

 

 皆さんはヨガを体験されたことはありますか?私は、ヨガで体と心をリラックスさせることにハマっています。

「キレイになるなる大辞典」も第3弾の配信。パーソナルトレーナーのMisakiです。

  

   

 雨の日が続いたり、そうかと思えばカーッと暑くなったり、まだまだ天気が変わりやすい季節ですね。雨の日が続くと気分が落ち込むことや、低気圧の影響で体の痛みがいつも以上に重いなと、感じる日が多くなるかと思います。 

   

 そんな時は、肩甲骨を動かしてみましょう。肩甲骨を動かすことは、姿勢を整えたり、血行を良くしたりして痩せ体質を作ってくれて、体に嬉しいことばかりです。そして美姿勢になれば、気持ちも上向きになり、体も心も元気になれます!

   

  

 今回の「キレイになるなる大辞典」は、肩甲骨の秘密と、その効果についてご紹介します!

 

   

    

    

★カッコ悪い姿勢が肩こりの原因!

   

   

 肩にコリやハリを感じている方の大きな原因は、パソコンやスマートフォンを長時間使用していたり、寝転んでTVを見ていたり、同じ姿勢や悪い姿勢を続けていることが習慣になってしまっていることです。肩が凝ってしまうと、首や顔に血液が上手く行き届かず、肌のたるみやシワにも繋がってしまいます。

  

 では、コリやハリのない美しい姿勢とは?

  

 街中で、背中がまっすぐ伸びていて、お尻がキュッと上がり、すらっとした脚で颯爽と歩いている人がいると、つい目がいってしまいますよね。モデルのウォーキングは見惚れてしまいます。どちらも共通していることは、歩く時に腕がしっかり振れていることです。

   

 腕を振って歩くことで、美姿勢になり、自然にお腹が締まり、綺麗なボディラインが出ます。

   

 腕を振るポイントは、肩甲骨。では、この肩甲骨を動かしている筋肉は何か?色々な筋肉が肩甲骨を動かしているのですが、私が注目する筋肉は、『前鋸筋』です。他の筋肉に比べて、あまり耳にしない前鋸筋ですが、どんな役割をしている筋肉なのでしょう。

   

   

   

★前鋸筋から動かせば、自然と美姿勢に!

   

   

 前鋸筋は、脇腹の肋骨と肩甲骨の裏をつなぐ筋肉です。 腕を体の前や横に出し、また腕を上に挙げます。「腕を振って歩きましょう」とよく言われていますが、歩く時に腕を振るという動作は、この前鋸筋からスタートします。つまり、ここを動かすことで、腕がよく振れて脚が一歩前へ出るのでます。つまり前鋸筋肉を意識して歩くことで、自然と背中が伸び、綺麗な姿勢でウォーキングができ、脂肪燃焼効果がアップします。

  

 そして、この前鋸筋が付いている肩甲骨を動かすことにより、肩周りの筋肉が本来の動きを取り戻し、血行不良を防ぎ、肩こり解消にも効果的なのです。

   

 このように姿勢や肩コリ改善にまで影響する『前鋸筋』は、どのように動かせば良いのでしょうか。

   

 ダンベルやマシーンにも頼らない、自宅でできるエクササイズをお伝えします。

   

   

    

★前鋸筋から動かせば、自然と美姿勢に!

   

   

   

【前鋸筋目覚めエクササイズ】

   

  

photo1

 

  

①床に仰向けになり、両膝を立てます。

 

 

 

   

   

photo2

 

②両手を体の横から持ち上げ、床と垂直のところで止めます。

  

  

 

   

   

photo3

   

③肩に力が入らないように、指先を天井に近づけていきます。

※この時に前鋸筋が使われています!

   

④ゆっくり元の位置まで戻します。

 

   

 この動作を繰り返すことで、前鋸筋が柔らかくなり、日常生活でも使いやすくなります。次に立った状態で、前鋸筋を使って腕を振る練習をしましょう。

   

   

   

【前鋸筋から腕を振るエクササイズ】

   

   

photo4

 

 

①片方の腕を前ならえにします。

 

 

 

 

 

   

photo5

 

 

②肘を曲げながら後ろに引きます。

 

 

 

 

 

   

   

photo6

 

 

注意:写真のように肩が上がらないようにしましょう。

   

   

 

 

   

   

photo4

 

 

③脇をしめながら腕を元の位置に戻します。

   

   

反対の腕も同じように繰り返します。

 

 

   
 photo7-1photo7-2

         

   

   

 

 最後に歩いてる時と同じように、両腕を交互に動かしてみましょう。

   

   

   

   

 今日の第一歩は、前鋸筋から腕を振って、格好良く街中を歩きましょう!

   

 その一歩一歩が美姿勢へと近づき、いつの間にか痩せている効果も!?

   

   

  

 

< 一覧へ戻る