運動脳のスイッチON![フィット・リブ]は“運動のやる気”に火をつけるエクササイズ動画配信サービスです。

動画を探す

カラダLibraryNEWS & Column

自分らしく人生を楽しむ① 「健康=病気にならない」ではない!?

2015/10/16 カラダ・ディクショナリー

吉田・MAIKO_小

この記事を書いた講師

JIZAI体エクササイズインストラクター

Taku吉田(写真・左)

 

 

「あなたは人生を楽しめていますか?」なかなか難しい質問ですよね。この質問に「Yes」と答えられる人はどのくらいいるでしょうか。

 

ではこの質問はどうでしょうか、「あなたは人生を楽しみたいですか?」恐らく最初の質問に比べて「Yes」と答える人の数はかなり増えることでしょう。

 

 

 

「人生を楽しみたい!」というのはほとんどの方に共通する願いではないかと思います。そして人生を楽しむ上で「健康でいたい!」と思うのもごく自然な願いだと思います。

 

では、みなさんとって「健康」とはどの様な状態ですか?病気ではない状態?それとも元気に動き回れる状態ですか?

 

近年、時代の変化とともに「健康」に対する考え方も変わってきています。その一つが最近よく耳にする「健康寿命」という考え方です。「健康上の問題で日常生活が制限されることなく生活できる期間」と定義されるものですが、現在の日本では平均寿命と健康寿命の間に10年程の隔たりがあります。

 

つまり、平均すると人生の最後の約10年は何かしら日常生活が制限された状態で生きるということなのです。人生の楽しみというのは人それぞれ違うと思いますが、どこへ行くにも、誰かと何かをするにも、やはり思い通りに動けるカラダがなければ、思う存分楽しむことはできません。

 

皆さんは現在を、そして5年先・10年先を、さらには人生の最後の10年間を、どのような状態で過ごしたいですか?

 

私たちが人生を生きる上で欠かせない乗り物であるカラダを大切にできるのは、自分だけです。「人生に遅いということはない!」なんて言われることもありますが、自分のカラダのためにることを「今」始めれば、この先の人生をより長く自分らしく楽しめる可能性はますます拡がっていくのではないでしょうか。

 

自分らしく人生を楽しむために、思い通りに動けるカラダであり続けるために、カラダと向き合い、メンテナンスする習慣を始めてみませんか?その試みが、きっとあなたのカラダと人生を思い描くものに変えてくれます。

 

 

 

 

Taku吉田の出演動画はこちら>

Taku吉田のプロフィールはこちら>

 

< 一覧へ戻る